機種変しました、ガラケーに

ども、いつもの事ながらご無沙汰しております。
天然パーマ100%の高インボムです。

年度末でもある先月は、
昭和ジャズ歌謡の浜ちゃんこと浜田マロンちゃんのレコーディングや
カクレキョニュー系ロックシンガー大山まきちゃんのレコーディングに
スーパーヒットメイカー・タダさんのワンマンライヴもあり
電車のアナウンスでおなじみクリスさんのツアーへも出かけ、
世間で騒がれていた増税前駆け込み需要に負けじと
忙しく楽しい日々を過ごさせてもらっていました。

そしてそんな中、個人的なイベントとしては
携帯電話の機種変更なんぞをいたしまして。

 

機種変更、かれこれ4年ぶりでしょうか。
今までiPhone4を使っていましたが、
少し古くもなってきていたし
思い切って最新機種に変えてやりましたよ。

 

最新機種のガラケーに

 

「えっ!アイフォンからガラケーに!?」
なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
もしかしたら時代に逆行しているとも言われそうですが、
全くもってその通りでしょう

というか、
少なくとも今のところ周りは100%そういう反応です

 

いやー、少し迷ったりもしたんですけどね。
なんせスマホを一台持っているだけで
出来る事がグンと増えて
使い方によったら便利すぎるくらい便利なシロモノなんで。
ただ、その便利すぎる機能のために
俺の場合はついつい余分な事をしちゃったりして。
以前にも同じような事を書いたかもしれないけど、
特にインターネットにアクセスしてなんやかんやしていると
この世界では陽が沈む事がないため時間を感じる事も少なくなり、
時間を効率的に使っているつもりが
実は時間を取られているのかもしれないなぁ、
なんて思ったりしまして。

というわけで、試しに一度その環境を断ってみよう!
と、こういう経緯でガラケーへの機種変に至ったわけです。

 

決して某情報系記事で

「ガラケー男子は硬派な印象でモテる」

という文章を見たからではありませんよ

 

そういえば少し話は変わるけど、
何ヶ月か前に友人から「オススメだ」ともらったとある本で
(それは著者がフォード社のトップセールスマンだった人で
営業マンの仕事をしているような人が読むものとは思うけど)
スマホやネットサービスに関する面白い記述がありまして。

著者は「デジタル・ハラスメント」という言葉を使っていて、
テクノロジーの進歩には賛成だが
それは時に生産性の妨げになったり
コミュニケーションにおいて弊害をもたらす
といった事を述べているんですね。
最初に読んだ時、世界のトップビジネスマンが
そういう考え方をしてるのが意外だなぁ、
とも思ったけど、むしろそういう考え方があるから
常にナンバーワンの成績を上げる事ができたのかもしれませんね。
只より高いものはないなんて言ったりするけど、
やっぱり便利さにも何かしらの代償は伴いますね。
この本は他にも色々な事が書かれてあったけど、
どれも面白くて考えさせられる内容でした。
その辺はまた機会があればという事で。

 

あ、ちなみに先程の機種変の話、
ガラケーに変えたまでは良かったんですが、
アドレス帳の移行がどうしてもできないので
iPhoneをアドレス帳代わりに持ち歩き
暇を見つけては手作業で
一件ずつ入力している
という状況です。

 

もうね、便利さの代償どころか、
スマホのような
便利機能は一切無い上に
明らかに時間も無駄にしている
わけで
各方面からのいかなるツッコミにも
何一つ反論できない事態になっております。

何かイイ方法ないかな〜

 

と、なんだかんだと書いているうちに
そろそろ時間のようです。

では、本日はこれにて。
サラバオヤスミマタアシタ!

blog20140408