話題の漫画

漫画『美味しんぼ』の件が
一部で話題になっていますね。

しかしコレ、
過去の作品内容を知っていたら
現地の食文化や産業に相当な敬意を払っていたり
応援の意がこめられている事は明らかなのに、
なんでこんな事になってるの?
と思ったりしております。

 

例の回の描写にしても、
放射線の影響を懸念する立場の人と
今のところその可能性はないとの見解を示す立場の人の話が
それぞれ書かれてあって、
放射線に関する疑問や問題を提起しているとは思うけど
それらについて何か断言しているわけでは
(少なくとも今のところは)ないんですよね。
例えば放射線による影響の話も、
「異論もあるがこういった見解を持つ識者もいます」
みたいな言い方になっているし、
原発内部に関する記述内容は
かなり取材や研究がなされているように思えます。

描写の仕方自体が不愉快なら
それはしょうがないのかもしれないけど、
メディアに切り取られた伝聞や情報だけで
風評被害を助長するからけしからん
と批判している人や
炎上マーケティングだなんて言っている人は
過去の作品も含めてその内容を
ちゃんと確認してみた方が良いんじゃないかな
と思ったり。

 

それにしても、
こういう騒動が起こる度に
責任の所在や補償の問題がウヤムヤにされたり
疑問や不安を口にする事がタブーな雰囲気が
作られていっちゃう気がするけど、
それってあんまりイイ事ないんじゃないかなぁ、
なんて思ったりします。
でも、このままいくと
例えばガイガーカウンターを持っているだけで
風評被害なんて言われたりしてね。

 

と、そんな事を思ったここ最近でした。
では本日はこれにて。
サラバオヤスミマタアシタ!