養蜂、ハチミツ、あまがさき

そんなこんなで今月前半は
あんべさんのツアーで仙台に行き牛タンを食したり
大山ちゃんの合宿で淡路島に行きフグを釣ったり、
後半はお久しぶりのタダセンパイのバースデーイベントや
ようやく機会がまわってきた大森洋平さんライヴに
毎度おなじみジョニーの都竹音楽祭など、
あちこちで楽しい日々を送らせてもろております。

で、そんな日々の合間に
所用で兵庫県尼崎市まで足を運んできまして。
足を運んだのは市内のとあるビルの屋上。
そしてそこは何と養蜂の現場!

そう、
長年ハチミツ好きを公言してきた甲斐あってか、
この度個人で養蜂をしている道野さんを紹介してもらい
その現場を見学させてもらってきたのです。
長年の夢がまた一つ叶いました。感謝感激雨霰。
というわけで、その時の様子を少しレポート。

【注意:この先、昆虫画像アリ】

 

まずは巣箱。
blog20140626-0
この裏側に小さな隙間があって、
そこがミツバチ達の出入り口になっています。
外敵(特にスズメバチ)から身を守るために
出入り口が狭くなっているのだとか。

 

箱を開け、中の巣枠を取り出すとこんな感じ。
blog20140626-1
この写真の中央に女王蜂がいます。
ちなみに花粉や蜜を採りに出かけるのは
全てメスのミツバチとの事。
オスはいわば種付け役で、
役目が終わると単なる穀つぶしになるとかならないとか。
どの世界も最後に強いのはやはり女性なのかもしれません。

 

こちらはハチに移動してもらった状態。
blog20140626-2
今回はあまり蜜が貯まってなくて本格的な採蜜には至りませんでしたが、
巣穴の中に薄っすら輝く蜜をその場ですくってそのままいただいちゃうという、
ハチミツ好きにはたまらない贅沢かつ貴重な体験をさせてもらいました。
味はもちろん超絶品の美味。感無量、ありがたき幸せ。
採蜜する場合は遠心分離機にかけて行なうそうです。

 

作業見学中の俺。
blog20140626-3
この日、Tシャツに裸足でサンダルという格好だったんですが
安全のためにという事で
靴下を借りて長袖を羽織り面布という網をかぶって挑みました。
ちなみに一緒に同行した中川さんは
Tシャツ&短パン姿でバシバシ写真を撮っていました。
ミツバチにとって針を刺すのは命がけの行為なので
よっぽどの事がない限り刺して来る事はないのだとか。

 

そして最初にも言いましたが
ここは尼崎市内のとあるビルの屋上。
まさかこんなところで養蜂をしているなんてビックリでしたが、
元々は工業地帯の組合による緑化計画の一環で始まり、
道野さんはそこから独立して個人でも養蜂をするようになったのだとか。
しかも銀座のビルの屋上で養蜂に成功したというニュース
を知ったのが最初のきっかけのようで、
組合の人達と勉強のために銀座まで通ったりもしたのだとか。
他にも色々と面白い話を聞けて楽しかったです。

帰りにはストックしてあるハチミツを試食させてもらったり
お土産に一瓶いただいたりしたのですが
これまたどれもメチャ美味です。
去年は20kg200kgも採れたそうで、ほんとスゴイ。
また、時期によって花が変わるためか
味も違ってくるみたいでそれも面白い。
近くに来た時にはまた寄せてもらえるという事で、
こうなったら今度は是非とも採蜜に立ち会いたいな
と思っております。
道野さんや中川さん達、
そして皆さんを紹介してもらったあっこさんに感謝。

 

では、本日はこれにて。
サラバオヤスミマタアシタ!