エアコン実験(その1:夏編)

ども、こんにちは。

モサモサです。

 

そんなこんなで巷では電力自由化が話題となる昨今。

で、そんな電力にまつわる実験を

昨年の夏とこの冬の二度に分けてに

密かに行っておりました。

 

 

その実験とは、

『エアコンは付けっぱなしの方が

 省エネになる、というのは本当か!?』

 

 

エアコンは付けっぱなしにしておくのが一番の省エネだ、

という話を聞きつけまして。

ホンマかいな!?と思うような話ですが、

その理由は、

エアコンが一番電力を使うのは電源を入れた直後で、

頻繁なオン・オフは電力を無駄に消費してしまうとの事。

また、室温が設定温度に近づくと安定運転に入るので

室温を一定に保つことができると省エネになるんだとか。

 

というわけで、

気になるそんな話の真相を確かめるべく

実際に我が家で試してみました。

 

 

まずは夏編。

昨年の8月に行いました。

 

リビングのエアコンを冷房でスイッチオン、

設定温度は28℃に。

ツアー関係で一週間ほど家をあけていた時期をのぞいて

昼も夜も出かけている時も寝ている時も

電源を切らずにつけっぱなし。

(実質3週間のつけっぱなし)

 

で、ビックリするような高い金額になったらどうしよう?

なんて少しビビりながら

電気料金の明細を待つことおよそ一ヶ月。

 

 

届いた請求金額は

普段の平均金額よりおよそ300円高

という結果に。

 

 

「おお、思っていたより安い…!」

 

 

 

というわけで、

ひとまず冷房に関しては噂は本当だったようで、

意外なほど安くおさまった事に逆に驚きました。

また、俺んち、都心部からは離れていて

少し涼しい環境にある事も功を奏したのかもしれません。

 

ちなみに設定温度の28℃、

冷房の設定温度にしては高すぎない?とか

それだと暑いんじゃない?とか

思われるかもしれませんが、

というか俺も最初そう思っていたんですが、

いざ付けっぱなしにしていると

これでも充分涼しいです。

 

また、これは後で知ったんですが

風量は自動設定が一番エネルギー効率が良いのだとか。

風向きも、部屋の空気が混ざりやすくなるように調整すると

より効果的のようです。

そして省エネ・節電のためには

フィルターの掃除は必須との事。

(各エアコンメーカーのHP参照)

 

今まであまり細かい事を意識せず、

節電・省エネのためには多少の暑さはしょうがない

と思っていましたが、

省エネを実現しながら快適に過ごせる方法があるんだなと

改めて勉強になりました。

 

 

そして実験はこれで終わらず冬編に続くわけですが、

続きは次回にして本日は一旦これにて。

サラバオヤスミマタアシタ!