素直に捉える事と鵜呑みにする事の違いって何だろう?

ブログ

ども、こんにちは。高インボムです。

そんなこんなで生徒さんとの会話で「素直と鵜呑みの違いって何でしょうね?」なんて話になり、最近色々思うこともあってこの事について少し考えて見ました。

 

物事や情報を、素直に捉えることと、鵜呑みにすること。

似ているようで確実に違うこの二つ。

僕なり考えてみたら、次のような感じになりました。

 

・素直に捉える

→物事をストレートにありのまま捉える

→ストレートに捉えたものを『自分のフィルター』を通して消化する

→価値観の中心に自分がある

 

・鵜呑みにする

→物事を『自分のフィルター』を通して捉える

→フィルターを通して捉えたものがそのまま自分の一部になる

自分以外が価値観の中心になっている

 

うまく言語化するのが難しくて、とても大雑把な表現ですが、今の僕が思うのは何となくこんな感じ。

 

 

 

・自分のフィルター

人は誰でも、物事や情報を捉える時に『自分のフィルター』が働くと思っていて(これを思い込みやバイアスと言うのかもしれません)、

素直と鵜呑みの違いは『そのフィルターがどういう風に働くのか』『フィルターが外側にあるのか内側にあるのか』ってことになるのかなと。

 

例えば、物事を捉える時に自分のフィルターが働くのか、捉えた物事を消化する時に自分のフィルターが働くのか。

これはつまり、物事や情報の『解釈の仕方』になると思います。

 

そして、この『解釈の仕方』というのは『価値観の中心に自分があるかどうか』とも繋がっている気がして(わがままという意味合いの自己中心的かどうかとはまた別)、

素直と鵜呑みの違いを突き詰めていくと『自分軸か他人軸かの違い』にもなるんじゃないかなと。

 

素直な人ほど、自分というものが確立されているんじゃないかと。

 

もう完全に自分のことを棚に上げていますが(笑)、今のところそういう風に思っています。

 

 

 

また、『自分のフィルター』がどういう風に働くかは、心の奥にある意識や感情と密接に関係しているとも感じていて、

自分のフィルターやその働きのクセを知ることは、自分自身を知るためにとても役立つんじゃないかなとも思っています。

 

要するに自分と向き合うということになるので、なかなか難しいけど(笑)

 

 

・心を白紙に、感じるままに

と、ここまで書いて、昔読んだとある本の言葉を思い出しました。

 

幸せな人は心が白紙の状態で生きている。

あるがままを見て、言葉どおりを聞いて、感じるままに生きている。

『ユダヤ人大富豪の教え』より

 

素直に捉えるというのは多分、心を白紙にしてストレートにありのままを感じるということであり、

それには頭で考えるよりもまずは五感で感じることが大切だなぁ〜と。

 

素直に捉えることと、鵜呑みにすること。

似ているようで確実に違うこの二つ。

自分の価値観や感覚を大切にしながら、できれば何事も素直にありのままを感じて、色んなことを生きる糧にしていきたいなと思う今日この頃です。

 

本日はこれにて。

サラバオヤスミマタアシタ!

 

タイトルとURLをコピーしました