カラダの土台は骨格、ココロの土台は自己受容(≒女性性)

心理学

ども、こんにちは。高インボムです。

先日、レッスンで心理学やメンタルの話になったり、ツイッターでもそんなことを書いたりしたので、こちらのブログにもそういった話を書いてみようかなと思います。

 

 

自己肯定は「筋肉」、自己受容は「骨格」

近年、ビジネス書や自己啓発書なんかで「自己肯定感」っていうものが取り上げられることがありますよね。

もっと言うと、自己肯定感「だけ」が取り上げられたりしていますが、僕はこれは少し危険なんじゃないかな?と思っています。

 

そして、例えばメンタルに関する不調とか病とか、あとは何なら社会の様々な問題も、もしかしたらこれが原因ってことが結構あるんじゃないかな?と思うことがあります。

 

僕が好きなアドラー心理学にも通じるんですが、心理学では「自己肯定」と同じように大事な概念で「自己受容」っていうものがあるんですね。

で、僕はこれをカラダに例えて、自己肯定を「筋肉」、そして自己受容を「骨格」、みたいな表現で説明しています。

 

何が言いたいかというと、カラダにとっては骨格が全ての土台になるのと同じように、心にとっては自己受容が土台になるんですね。

 

例えば、トレーニングをして筋肉量を増やしても骨格がそれを支えきれなければちょっとしたことでケガをする頻度は増えるし、ケガの度合いも大きくなりますよね。

心もそれと同じで、自己肯定感だけを上げても自己受容の度合いが低いと何かのきっかけでメンタルがやられる頻度が増えたりもするし、さらには自己肯定と自己受容の差が大きいほどそのダメージも大きくなってしまいます。

 

 

まずは受け入れる

自己肯定というのは言ってみれば「ポジティブに持っていく力」とも言えて、それに対して自己受容は「ネガティブを受け入れる器」って感じですね。

で、それぞれ男性性や女性性とも関係してきます。

 

もし、いわゆるスピリチュアルな話が好きで、性エネルギーの話をご存知の方は、自己肯定を男性性、自己受容を女性性と捉えてもらってもイイかと思います。

 

で、「自己肯定はポジティブに持っていく力」って言いましたけど、もっと言うと「ネガティブなものをポジティブに持っていく力」とも言えて、それって言い換えるとネガティブの否定にもなるんですよね。

言葉は肯定だけどその中身はある種の否定となって、言葉で説明するとちょっとややこしいのですが、まあとにかくネガティブを無視してポジティブになろうとするのは自分の心や感覚に嘘をつくことでもあるので、そのまま進んでしまうのはメンタルにとって危険なんじゃないかと思います。

 

というわけで、無理にポジティブになるよりも、まずはネガティブを受け入れる。

ネガティブもポジティブも受け入れる器である自己受容がまずは大事、っていう感じです。

 

 

一人で趣味に没頭している時間は大切

では、自己受容ってどうしたらできるんだろうか?ってことになり、色んな方法があると思いますが、まずはやっぱり「好きなことをする」「楽しいことをする」ってのがベタですが効果的なんじゃないかなと。

で、さらに言うと、「一人で完結できて、受動的ではなく能動的なもので、結果に関係なくその行為自体が楽しめるもの」が良いのではないかと。

 

要するに「一人でできる趣味を楽しむ」という感じですが、自己受容とはありのままの自分を受け入れることで、それは「自分との関係性を良くすること」とも言えるので、一人で楽しいことに夢中になって没頭している時間というのは、自己受容の形成にとても大事な気がします。

心理学的にも、楽しいことをやってイイ気分で過ごす、イイ気分で過ごしてる時間を長くする(=楽しいことに没頭してる)っていうのは心の健康に良いとされているようです。

 

また、趣味を楽しんでいる時間って心身がリラックスしていることが多いと思うのですが、自己肯定と自己受容の話でいうと、どちらかと言えば自己肯定は緊張なのに対し、自己受容はリラックスになるので、リラックスをして体も心も緩んだ状態でいるっていうのは結構大事かもしれません。

 

ちなみに僕、時々一人で山に遊びに行くんですが、これは心身の健康にとってなかなかイイんじゃないかなぁと思っています。

自然の中で過ごすというのは、自分で自分の身体を動かすという能動的な側面もありながら気持ちがリフレッシュされて心のリラックスに繋がる側面もあるので、自然を感じられる場所に行ったりそういう場所で遊ぶっていうのは、個人的に結構オススメです。

 

人それぞれ色んな方法があると思いますし、僕も色々と探してみたり試してみたりしようかなと思います。

 

 

というわけで、近年「自己肯定感を高めましょう」という話を見聞きすることが多いですが、

「それも大事だけどその前にまずは自己受容が大切ですよ」というお話でした。

で、こういう事を色々書いたものの、僕自身もこれら全部を体現できてるわけじゃないのですが(笑)、こういったことを少しずつ学んだりしながら日々の生活や仕事に取り入れていっています。

 

では、本日はこの辺で。

サラバオヤスミマタアシタ!

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました