マインド(Mind)とメンタル(Mental)の違いが気になったので調べてみた 〜マインドの土台にメンタルがある〜

心理

ども、こんにちは。高インボムです。

そんなこんなで、とあるきっかけで「マインド(mind)とメンタル(mental)の違いって何だろう??」と思い、正月早々それらについて調べていました。

 

『マインド(mind)』と『メンタル(mental)』。

どちらも心や精神に関する言葉だと思うのですが、何となくニュアンスが違うようにも思うし、実際に使われる場面や用途も違っています。

例えば、『メンタルトレーニング』とは言うけど『マインドトレーニング』とは言わないと思うし、『マインドフルネス』はあっても『メンタルフルネス』は無い気がします。

で、そんなことを考えているとこの二つの言葉の違いが気になって居ても立っても居られなくなってきたので、英語が全然できない僕が(笑)、辞書やネットの解説などを利用して考察してみました。

 

mindは名詞、mentalは形容詞

二つの単語を辞書で調べてみると、そもそもmindは名詞でmentalは形容詞という基本的な違いがありました(笑)

で、それぞれの意味はというと。

 

 

マインド(mind)の意味

『mind』は「心」や「精神」という意味ですが、そこには思考や意志の働きをする心、理性や知性と結びついた心、といったニュアンスが含まれているとのことです。

また、動詞として「注意する」「気にする」といった、何かに対して心を向けるという意味もあるようです。

 

対義語は『body』(意味は「身体」「肉体」など)。

 

 

メンタル(mental)の意味

一方の『mental』は形容詞で、「心の」「心理的な」「精神的な」といった意味。

こちらはmindのニュアンスとは違い、心や精神の状態や調子に関する単語のようです。

 

対義語は『physical』(意味は「物質的な」「身体の」など)。

 

 

マインドの土台にメンタルがある

『マインド』は、思考や意志なども含む心や精神という意味であり、英文では動詞として使われる事もあるとのことで、何かに対して意識や心を向ける事やその様を意味するニュアンスがあります。

例えばマインドセットなんて言葉もありますが、マインドって信念や価値観、志や考え方といった意味合いの言葉としても使われていますね。

 

一方の『メンタル』は、その大元となる心の調子や精神の状態を意味するニュアンスがあります。

たしかに、メンタルが好調/不調とは言っても、マインドが好調/不調とは言いませんね。

他にも、マインドが合ってる/間違ってるとは言っても、メンタルが合ってる/間違ってるとは言いません。

 

そして、このように考察していくと、マインド(思考、意志、考え方)はメンタル(心の調子、精神の状態)が土台となって形成されていると言える気がします。

例えば、マインドを良い方向に持っていくにはまずはメンタルを整える事が大切、という感じ。

 

マインドとメンタルの違いについてまとめると、

  • マインド(mind)= 思考、意志、信念、価値観
  • メンタル(mental)= 心の状態、心の調子
  • マインドはメンタルが土台となって形成される

という感じでしょうか。

少しぼんやりしているところもありますが、このような考察になりました。

そして、より良い思考をするには、まずは心の状態を整えるのが大切だな~と改めて思います。

 

関連記事

カラダの土台は骨格、ココロの土台は自己受容(≒女性性)
ども、こんにちは。高インボムです。先日、レッスンで心理学やメンタルの話になったり、ツイッターでもそんなことを書いたりしたので、こちらのブログにもそういった話を書いてみようかなと思います。  自己肯定は「筋肉...

 

 

THE ALL IS MIND; The Universe is Mental.

というわけで、ここまでダラダラと「マインドとメンタルの違い」を考察してきましたが、そもそもなぜ僕がそれを気になり出したのかというと、実はとある本に出てくるコチラの英文がきっかけでした。

 

THE ALL IS MIND; The Universe is Mental.

 

この一文、スピリチュアルな話やニューソート系の書籍が好きな人はご存知の方もいるかもしれません。

古代のエジプトとギリシアに由来するヘルメス哲学のことを書いた『THE KYBALION』という本があり、その中に出てくる7つの原理の一番目「The Principle of Mentalism(メンタリズムの原理)」を説明する最初の一文です。

ちなみに『THE KYBALION』は1908年にアメリカで出版された本で、細かい話は割愛しますが、以前ブームになった『ザ・シークレット』(引き寄せの法則)の源流の一つでもあります。

 

ふとした時にこの一文を思い出して、「もしかしてmindとmentalって意図的に使い分けてるのかな?」と今更ながらに思ったわけです(というか、もしかしたら英語圏の人からしたら当たり前の事かもしれません)。

 

で、この文についての考察もしていこうと思うのですが、少し長くなってきたので続きは次回に。

ひとまず本日はこれにて。

サラバオヤスミマタアシタ!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました