フィジカルとメンタルの共通理論 〜分離がスタート、目指すは調和〜

カラダ

ども、こんにちは。高インボムです。

そんなこんなで、カラダとココロは繋がっていて切っても切り離せない関係なんて言いますが、僕もそう感じることがよくあります。

で、日々身体操作の研究をしたり心理学を学んだりしていると、カラダとココロってその理論においても共通する部分があるな〜と思う今日この頃です。

 

例えば、身体操作においてスムーズに全身を動かすためには、まずは『身体の各部位を分離させて動かせること』が重要だと言われます。

ダンスのアイソレーションや武術でいう身体を割るなどがそれですね。

これを心の理論、というか僕が好きなアドラー心理学に置き換えると、『課題の分離』という概念にあたるんじゃないかな?とふと思ったんですね。

 

 

課題の分離とは『個人の(精神的な)自立』における概念ですが、身体の各部位をそれぞれ個別の人物だとして考えると、身体操作でも同じように言えるんじゃないかなと。

で、アドラー心理学では課題の分離が『スムーズな対人関係の出発点』だと言われますが、同様に身体の分離は『スムーズな身体操作の出発点』と言うことができます。

 

そして、身体を分離させて動かす事が出来たら、今度は各パーツの動きを繋げて統合していくことで全身をよりスムーズで機能的に使えるようになるわけですが、さっきと同様に考えるとこれはアドラー心理学の『共同体感覚』にあたるとも言えます。

共同体感覚とは『他者と繋がり調和した社会を形成すること、そしてそれが人としての幸せに繋がる』という概念ですね。

 

アドラー心理学では、対人関係の最終目標は『共同体感覚』だと考え、その入口として『課題の分離』があるとされますが、身体の各部位を個別の人物、全身を人間社会、という風に置き換えて考えていくと身体操作も全く同じだな〜と思えてきます。

全身がうまく調和して繋がることで高度な身体操作が可能になりますが、そのためには身体の各部位を分離してそれぞれ独立した動きができる必要がある、という感じですね。

 

さらにそのためには、姿勢や脱力など『カラダのあり方』がとても重要になるのですが、これもアドラー心理学に置き換えると『ライフスタイル』という概念になるかなと思います。

 

 

まとめると、身体のコントロール(身体操作)も心のコントロール(対人関係)も、まずは『分離(=カラダの各部位の独立/個人としての自立)』が重要で、それが出発点になる。

しかし、それで終わると身体操作も対人関係もただバラバラになっただけで全体(身体全体/社会全体)としてはうまく機能しないので、個々が自立した上でそれぞれが繋がり調和していくことが大切である。

そして、それらをうまく行なうための土台として、『あり方(身体のあり方/心のあり方)』が大事になる。

 

と、自分がどこまで出来ているかは置いといて(笑)、ふとそんな事を思ったのでした。

 

 

他にも、心に関する話では『外側の世界ではなく自分の内側を見ることが重要』なんてよく言われますが、身体操作についても外側(筋肉)ではなく内側(骨格)を意識することはとても重要ですね。

そんな風に考えていくと、カラダとココロってその理論においても共通項が多いな〜と思う今日この頃です。

 

では、本日の考察はこれにて。

サラバオヤスミマタアシタ!

 

 

タイトルとURLをコピーしました